復縁の為に元彼と距離を置く冷却期間とは?どれくらい期間を置くべき?

復縁したい人はとにかく元彼(元彼女)との
接触を増やそうとしてしまいがちですが・・・

元彼と距離を置く

ということも復縁の為の一つの選択肢と言えます。

「元彼と繋がっていないと不安」

このような気持ちになるのはよく分かります。

復縁したい相手に新しい恋人が出来てしまうのではないか?

相手が自分のことを忘れてしまうのではないか?

このように不安になるのは当然のこととも言えます。

しかし、特に用もないのに元彼に連絡をしたり、
あるいはしつこく復縁を迫っても復縁に近づくかは分かりません。

無理に復縁したい相手との接点を増やそうとして、
相手に嫌われてしまう人も多いのが現実です。嫌われてしまったら本末転倒ですよね。

そうなるよりは、元彼と距離を置くほうが
復縁が上手くいく可能性が高くなることが多いのです!

距離を置く期間のことを冷却期間と呼びます。

冷却期間中は相手と会わないことはもちろんですが、
電話やメール(LINE)での連絡も一切断ちます。

学校や職場が同じで元彼(元彼女)と顔を合わせる場合も、
出来る限りは話をしたり顔を合わせる機会を減らせるようにしましょう。
(無理に無視したりするのは逆効果なのでやめましょう)

距離を置くことのメリットは?

元彼(元彼女)と距離を置く冷却期間のメリットですが・・・

・相手から持たれている悪いイメージや思い出を忘れてもらう

・お互いが冷静になれる

・自分磨きや自分を変える期間にできる

主なメリットはこの3つとなります。
簡単に以上の3つのメリットについて解説してみます。

相手から持たれている悪いイメージや思い出を忘れてもらう

人間は基本的に良い思い出は覚えていて、悪い思い出は忘れる習性があります。
そうすることで日々を前向きに生きていけるようにするのです。

悪い思い出を完全に忘れることはできなくても、
時間が経つにつれて思い出してもそれ程嫌な思いにならなくなります。

良い思い出は美化され悪い思い出も薄れていきます。

別れてからすぐというのは、元彼はあなたに対して
悪いイメージが強くなってしまっているかもしれません。

そのような状態では元彼に連絡をしても無視されてしまったり、
話をしても素っ気なかったり冷たくされたりしてしまいます。

ですので元彼(元彼女)と接触しても復縁にプラスになりづらいのです。
しつこくすればするほど元彼の気持ちはあなたから遠ざかっていきます。

そこで冷却期間として元彼としばらく距離を置くことで、
元彼が持っているあなたに対する悪いイメージを忘れさせる(薄れさせる)のです。

実際に、どんなにメールをしても無視されていたのが、
冷却期間を置いてからメールしたら返事を貰えたという方も多いです。

時間と共に元彼の気持ちも変わっていくものなので、
冷却期間後に相手の自分への態度が大きく変わることもよくあります。

復縁への弊害は時間が解決してくれることは少なくありません。

お互いが冷静になれる

もし、元彼(元彼女)と話をしてもお互い感情的になってしまう、
あるいは自分だけでも相手だけでも感情的になってしまう場合は

冷却期間によりお互いが冷静になれるまで待ちましょう。

感情的になってしまうのであれば、
どんなに元彼と接触しても復縁は遠くなってしまいます。

ケンカになってしまったり、相手の前で泣き出したり、
そんなことでは相手も復縁したい気持ちなど起きるはずがありません。

むしろ「絶対に復縁したくない」と思われてしまうでしょう。

上でも書いたように時間と共に人の感情は変わっていくので、
しばらく距離を置くことで冷静になることができるはずです。

自分磨きや自分を変える期間にできる

復縁したいなら元彼(元彼女)のことも大事ですが、
自分次第で復縁が成功するかしないか大きく左右します。

自分の変化によって相手からの評価や想いは変わるからです。

元彼を見返すことが出来るように、別れた原因など自分の問題点を改善させたり、
自分磨きをして別れた時と自分が変われるよう努力することが大事です。

その為にはある程度の時間、期間が必要になるので、
冷却期間として元彼と距離を置くことが有効になるわけです。

そして、頻繁に連絡したり会うよりも、
久しぶりの再会のほうが元彼に与える印象も強くなります。

再会した時にあなたが良い意味で変わっていれば

「こんなに可愛かった!?別れたのは間違いだったかも」

なんて思ってもらえる可能性もある訳です。
それだけで復縁に大きく近づいたことになります。

ここまで一気に復縁に近づくことができなくても

「何か前と雰囲気が変わった?」

くらいに思ってもらうだけでも十分な効果があります。
復縁するには相手からのイメージを変えることが重要だからです。

元彼の気になる存在になることが出来れば、
連絡しても無視されることはなくなると思いますし、
復縁したい人にとって何かとプラスになっていきます。

元彼(元彼女)からのイメージを変えること、
自分磨きなどの効果をより強くしてくれるのが冷却期間なのです^^

今は元彼に連絡したり会うことを我慢して
自分磨きを頑張るほうが復縁に近づけるかもしれませんよ!

冷却期間はどれくらいの期間が最適?

冷却期間で難しいのは

どれくらいの期間を置くのか?

ということだと思います。

まずは

自分が冷静になり問題点を改善できるまで

というのが1つの目安になると思います。

元彼(元彼女)の感情はなかなか測れないので、
まずは自分のことを考えて期間を決めるといいと思います。

上で書いたように、
自分が別れた時と変わっていない状態、冷静になれていない状態では
相手と接触しても復縁にマイナスになるリスクが大きいです。

ですので、まずは最低でも別れた原因などを解決、
そして冷静になれるまでは相手と距離を置くようにしましょう。

ただし、別れた後に元彼(元彼女)に無視されていたケースや、
嫌われてしまったというケースであると、どんなに自分が変わることが出来たとしても、
元彼(元彼女)の気持ちが全く変わっていない状態であれば、
再会したり連絡をしてもなかなか復縁は上手くいかないものです。

どうしても冷却期間の適切な期間というのは
自分だけを目安にして考えるのは難しくなってしまいます。

人によっては1ヶ月でも十分ということもありますし、
逆に半年以上は距離を置いた方がいいというケースもあります。

距離を置く期間はケースバイケースです。

適切な冷却期間を知る一番の方法

そこで、自分のケースに合った適切な冷却期間を知る一番の方法ですが

復縁のプロである小野田ゆうこ先生に相談することです。

復縁のプロに相談することにより状況に沿って考えてもらい、
適切な冷却期間をアドバイスして貰うことができます。

冷却期間中に何をすべきか?注意点なども聞けるので、
より復縁に有効な冷却期間を過ごすことができると思います。

さらに
冷却期間は必要ないというケースであれば、
代わりに復縁する為に必要な行動を教えてくれます!

実際に、小野田ゆうこ先生に相談することにより
冷却期間なしで復縁できた人も多いですよ^^

>> 小野田ゆうこ先生のメール相談の詳細

復縁したい人は一度無料相談してみてください。

冷却期間 どれくらい?

 

2 Responses to “復縁の為に元彼と距離を置く冷却期間とは?どれくらい期間を置くべき?”

  1. […] 元彼(元カノ)と距離を置く冷却期間とは?どれくらい期間を置くべき? […]

  2. […] が多いです。 ⇒ 冷却期間とは?どれくらい冷却期間を置くべき? […]

サブコンテンツ

このページの先頭へ