元彼と距離を置くことが復縁のきっかけになった体験談

通常の恋愛はできるだけ相手と頻繁に連絡し、
会う機会も多いほうが上手くいくことが多いですが、

復縁でも同じかというとそうではありません。

復縁 距離を置く

むしろ、頻繁に元彼(元彼女)にアプローチするよりは
一時的に距離を置くほうが上手くくことが多いのです。

まずはこちらの復縁体験談を読んでみてください、
30代女性の方の元彼との復縁エピソードとなります。

お互い仕事が忙しく、自分の事だけでいっぱいになってしまって、お互いの事を考える余裕がなくなり、

喧嘩が増えて、だんだんと一緒にいても、自分の気持ちがわからなくなり、別れる事になりました。

はじめはそんなに考える余裕がなかったのですが、だんだんと自分の仕事が落ち着いてきて、ふとした時に、いつも彼がそばにいてくれたし、いるのが当たり前だったと考えるようになりました。

彼のいない時間に色々と考えて、自分にどれだけ必要な人だったのかという事に気づくことができたのです。

そして彼に連絡を取るようになり、数回会った後に復縁することとなりました。

彼も離れている間に私と同じようなことを考えたとのことです。

離れてみて分かる事もあるんだなとつくづく感じました。

相手と距離を置いたことが復縁のきっかけになった、
良い例と言える体験談だと思います。

距離を置くことの復縁への効果は?

元彼(元彼女)と距離を置く、連絡を断つ期間のことを冷却期間と呼びます。

冷却期間は自分の考えを冷静に整理することができますし、
相手の気持ちを変化させる方法としてもとても効果的になります。

今回紹介した体験談と同じように離れてみて分かることは本当に多いです。

そして人間は嫌な思い出は時間が経つにつれ薄れていき、
良い思い出は美化されていくようになっています。

つまり元彼(元彼女)の気持ちが冷めている状態だったり、
嫌われている場合でも冷却期間によって少しずつ改善されていきます。

距離を置く前は何をしても元彼が振り向いてくれない状態だったのに、
冷却期間後に連絡したら振り向いてくれるようになった、
というような復縁エピソードが多いのはそのような理由があります。

偶然ではなく人間心理を考えて普通に起こりうることなのです!

もしあなたが元彼(元彼女)に連絡しても無視されるとか、会いたいけど会ってくれない、
など振り向いてもらえない状態が続いているのであれば、

復縁しようと頻繁に連絡したりアプローチするのではなく、
一時的に元彼(元彼女)との距離を置くようにすべきかもしれません。

連絡を断つことや会えない日々が続くのは辛いですが、
しばらくの沈黙が後の復縁成功に繋がるかもしれませんよ^^

自分ぴったりの復縁方法

距離を置くことは復縁方法の一例ですが、元彼(元彼女)との別れ方や
現在の関係によっては距離を置く必要がないこともあります。

また、距離を置くべきケースであっても、
距離を置く期間はケースによって的確な期間が変わります。

中には1ヶ月でも十分な効果を発揮することもあれば、
3ヶ月以上も距離を置くほうが良いケースもあるのです。

そういった自分に合った復縁方法を知る手段として、
小野田ゆうこさんの無料メール相談がおすすめです。

マニュアル本と違い、1人ひとりの状況に合わせた
復縁成功の為になる生きたアドバイスをしてくれます!

それにより相談者の復縁成功率はとても高くなっています^^

>> 小野田ゆうこさんの復縁相談の詳細はこちらから

あなたも自分に合った復縁方法を知る為にも
一度無料相談を試してみてください!

復縁成功体験談

復縁できる可能性がグッとアップするはずです^^

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ